凱旋門賞はロマンだ!

今週から新コンテンツ「マンガでわかる競馬ニュース(by あひるさん)」がスタート!


競馬ラボの新人女子社員・カンナちゃんと競馬研究家のラボ博士
「駿」な話題を、マンガでわかりやす~くお伝えしますよ!


記念すべき第1回。ラボ博士は「凱旋門賞はロマンだ!」とイイつつ、
日本の競馬ファンの夢・マカヒキではなく、ポストポンドを本命◎にして不的中とは……^^;


敗れたマカヒキ陣営は来年の参戦も示唆していたようですが、
今年の勝ち馬ファウンドだって、昨年は9着。諦めずに継続して挑戦していくことが重要だと思います。


ちなみに、ロンシャン競馬場の改修が遅れているため、シャンティイでの代替開催となった今年の凱旋門賞。


そもそも改修中なのに、競馬場で音楽フェスを開催していたのが不思議な気もしますが
(世界に誇る日本人BABYMETALも出演していた!!)、来年もシャンティイでの開催。


先日、現地にも遠征した日本人カメラマンの話によれば、
来年のいま頃のシャンティイ地区の宿がもう予約で一杯だそうです!


しかし、シャンティイ競馬場の景観はそれはそれはとても美しいのですが、
キャパは日本の地方競馬場並。フランスギャロも凱旋門賞の宣伝を控えた、というウワサを耳にしますし、
今年の場内はごった返していたのではないでしょうか。やっぱりやるなら、パリのロンシャンがベスト!?


そして、気になる今後の海外馬券発売は11月1日(火)のメルボルンカップ(G1)と
11月5日(土)のブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1)とのこと。今後も国内・国外と目が離せませんね!


余談はさておき、新連載スタートを記念して、今週は連日の更新!

土曜夜に第2回「規格外の二刀流」を公開いたします!

(文:競馬ラボ・小野田学)

※通常は毎週金曜日よるに公開いたします!