競馬ラボスタッフY(以下Y):今週は宝塚記念か。カテゴリー上は夏競馬だけど上半期もあっという間だったね。ついこの間、ダービーが終わったと思っていたら、2歳戦も未勝利戦が始まったしね。

ライター野中(以下野):土曜東京1Rにはサトノオンリーワンが登場。2着の後は放牧に出さずに続戦となりました。先週、この新馬組は3着馬のスプリングマンも勝利していますし普通なら勝ち負けだとは思います。ただ……。

Y:でたな「……」。この馬に何かネガティブな話題でもあるの?

野:モレイラ騎手はワンポイント騎乗な訳で、2戦目以降誰が乗るのか気にしていたら内田博騎手でした。内田騎手はトップ騎手なのでもちろん心配はないのですが、馬主さんのラインを考えたら戸崎騎手かと思っていましたよ。

Y:確かに戸崎騎手が他に乗っていないのに違うんだなという気はしてたけど、まあ、戸崎騎手も内田騎手も同じエージェントなのでそこまで気にしなくていいんじゃないの。

野:関東いえばエージェント問題で大揺れですしね~。

Y:余計な話題はいいから!

野:馬を確保するために騎手はいろんなことを耐えているのだけは間違いありませんね。

話を本題に戻すと、普通に考えればサトノオンリーワンは勝ち負けでしょう。ただ、ブショウもダイワメジャー産駒にしては切れ味もある馬だし、マイネルキャドーの前走の新馬もレベルは高そうという具合で頭数の割には注目馬が揃った印象はあります。

Y:新馬だけでなはく未勝利戦にも注目だね。とはいっても、この時期は新馬ばかりに目が行ってしまうけどね。今週の日曜阪神5Rの芝1800m戦には早くもクラシックを目指せる馬が揃ったと評判だけど……。

野:アドマイヤビクターは15年セレクトセールで5616万円(税込)と高い評価を受けていた馬ですし、シエラネバダは誰もが知っている金子真人オーナーのいわゆる金子血統。シュバルツボンバーは新興のオーナーであるKTレーシングの所有馬でディープブリランテ産駒ながらセレクトセールで3996万円(税込)した馬。ダノンプレミアムはケイアイFがクラブ(ロードHC)に卸さずダノックスに売却した馬というように揃っています。もちろん、イベリアも非社台のディープインパクト産駒ながらセレクトセールに上場されていた馬(3780万円・税込)ですし、スプリングスマイルも非社台馬ながらセレクト上場馬(2052万円・税込)というように、やはり芝1800m戦になると期待馬が出てきますね。

アドマイヤビクター

▲友道厩舎所属、ルメール騎手とのコンビでデビューするアドマイヤビクター

Y:どの馬がいいんだろう。

野:個人的にはイベリアvsアドマイヤビクターに注目しています。

Y:発言には気を付けてね。

野:イベリアは母がアドマイヤアモーレ。つまり、現役時代は近藤オーナーが所有していた馬。もちろん、準OPまで出世しているのでまずまずの競走成績でした。近藤オーナーがグランド牧場の生産馬を所有するのは数が少ないので、どのような契約になっていたかまでは分かりませんが、本来であれば同オーナーが母の仔を所有することがあっても良かったはず。

Y:確かに。結局、落札したのは森田オーナーだよね。

野:トーコーの森田オーナーは橋田厩舎がメインステーブルですし、母も管理していたということもあるでしょう。アドマイヤビクターはノーザンF生産馬でセレクト出身です。セレクトセールで近藤オーナーは昨年までセリの会場では橋田調教師と一緒でした。恐らく落札に関わる際には相当なアドバイスがあったことでしょう。

Y:みなまで言わなくていいよ。橋田厩舎はその後、近藤オーナーの馬がいなくなってしまったということだよね。

野:全く意識していないということはないはずです!

Y:個人の妄想とはいえよく見てるよね(苦笑)。他にも有力馬は多いでしょう!!

野:シエラネバダは思ったより動いていないような気もします。シュバルツボンバーは須貝厩舎らしく強めに追われているし時計も出ている。ここは勝った馬を含めて上位に来た馬は覚えておいた方がいいでしょうね。

Y:日曜東京5Rも芝1800m戦だけど。

野:スワーヴエドワードはセレクトセールで5616万円(税込)だった馬です。ただ、メインステーブルの庄野厩舎ではないんだな~というのが正直な感想です。セレクトセールではオーナーの集団は常に庄野調教師が傍にいますからね。

Y:エイシンフラッシュ産駒で母父ダンスインザダークと聞くとこの時期から動くのかなという懸念はありそうだけど。

野:目立つ時計は出ていませんが間隔を詰めて乗り込んでいるし仕上がりが悪いってことはないはずです。ただ、他にも目立つ馬が多いですよね。ニシノラヴコールは坂路中心ですがまずまずの時計も出ていますし、母も厩舎ゆかりの血統。父もルーラーシップなのでにょっとするとダート適性の方が高いかも知れませんが、芝をこなせればといったところ。ローンチは関西ではなく関東圏に遠征しているのも勝利を意識しているからかも知れません。

Y:他はマイネルイノメロードイグニスといったところにも注目だね。

野:マイネルイノメはトレセンでは本数がそれほど多くありませんが、間隔を詰めて追われました。ロードイグニスは小野寺騎手が付きっ切りで仕上げているんで何かしら秘めるものがありそうです。後、今週、いろいろとドラフト上位馬についてボチボチと話を公開していこうと思ったのですが、来週の開催替わりに合わせて行なえればと思っています。

Y:来週以降も続々と良血馬がスタンバイしているようなので楽しみにしているよ。