先週の重賞勝ち馬の評価

POG実行委員長Y(以下Y):あっという間に週末だね。

ライター野中(以下野):平日の小倉開催も楽しいとは思いますが、次の週のことを考えると、これ以上の延期などは勘弁して欲しいですよね。

Y:この週末はまた寒くなるみたいだけど。

野:雪だけ避けてくれれば。

Y:先週はクイーンC、共同通信杯が行なわれてアドマイヤミヤビ(牝3、栗東・友道厩舎)、スワーヴリチャード(牡3、栗東・庄野厩舎)が勝利。

野:アドマイヤミヤビはオークス狙いだといっていたのを変更したのか、M.デムーロ騎手に変えて桜花賞へ直行することになりました。確かに、あちらこちらでGI級、世代トップクラスの牝馬と記しましたが、この判断は疑問ですよね。

アドマイヤミヤビ

Y:その辺りのことは桜花賞で語ってちょうだい!

野:共同通信杯はスワーヴリチャードがどうこういうよりも新星が誕生しなかったレースといったところでしょうか。東スポ杯の上位馬にいつも強い相手と戦っているエトルディーニュ(牡3、美浦・小桧山厩舎)が2着に入っただけ。このまま新勢力が現れないのであれば、スワーヴリチャードが大きいところを獲ってもいいでしょう。

アドマイヤミヤビ

Y:それも皐月賞やトライアルまで取っておいてよ。今週は3歳重賞こそないけど面白いレースはあるよね。

トップクラスが集結したヒヤシンスSをぶった斬る!

野:日曜のヒヤシンスSはエピカリス(牡3、美浦・萩原厩舎)にアディラート(牡3、栗東・須貝厩舎)、モンサンレガーメ(牡3、美浦・牧厩舎)、セレクトセールで2億4840万円のフォギーナイト(牡3、美浦・堀厩舎)にシゲル勢のシゲルコング(牡3、美浦・松永康厩舎)、シゲルベンガルトラ(牡3、栗東・服部厩舎)など間違いなく3歳ダートのトップクラスが集結しました。基本的にはエピカリスをモンサンレガーメが追う展開となるでしょう。ハイラップとなってもエピカリスが押し切れるかどうか。正直、フォギーナイトは掲示板があれば。

エピカリス

Y:初戦は割と圧勝だったのに意外と低評価だね。

野:まだまだ子供っぽいところがありますしね。しかも、2着スギノエンプレス、3着ブルーベックは未勝利にいる位でして。

Y:素質は高そうだけどね。前が厳しくなりそうなのは間違いなさそうだけど。

野:アディラートもいるので、前は厳しい展開が予想されます。それでも前に行った馬同士で決まる展開もありそう。差して上位があるとすればコング、ベンガルトラかなと。

桜花賞に間に合うか!?

Y:同じく日曜に行なわれるつばき賞は初戦を圧勝したファンディーナ(牝3、栗東・高野厩舎)が出走してくるよね。

ファンディーナ

野:岩田騎手がフェブラリーSに出走するため川田騎手への手替わりです。メンバー考えると行くだけ行ってしまえば楽そうですけどね。ここにダートから芝への条件替わりでもダノンロッソ、若駒では結果が出なかったもののインウィスパーズ(牡3、栗東・音無厩舎)が絡んでくる展開なのかも知れません。余力のある勝ち方で、桜花賞トライアルに出走できるのであれば、ファンディーナは面白いかも知れませんね。

Y:間に合うかだね。

野:阪神が新装されてから桜花賞は逃げてかったのはレッツゴードンキが目立つ程度ですが、あれはドスロー。古い例ですがキョウエイマーチやテイエムオーシャンのように自分もバテるかも知れないという速い逃げをみたいですよね。

Y:POG的にはファンディーナを持っている人は少ないので、自分が有力馬を所持していなければ助かるから応援するよ。

穴馬も見つかる!?POG的、血統分析

野:新馬も未勝利もありますが、さすがにこの時期ともなると、ダービーも厳しい状況。除外ラッシュの問題や冬場ということもあり新しい馬の登場は厳しいかも知れません。むしろ、POGよりも新馬戦で大穴を狙うという馬券的な楽しみに集中したいです。

Y:何かいいレースあるの?

野:18日京都5Rでスイーズドリームス(牡3、栗東・須貝厩舎)は消したいと思います!

Y:また大胆なこというね。根拠なき消しは勘弁してよ(苦笑)。

野:初戦は例の畑端騎手が騎乗し4着というものでした。確かに勝てそうなところもありましたし、鞍上が東京コースを慣れていなかったという問題はあるでしょう。ただ、あの馬、相当気性悪いですよね?レジェンドの武豊騎手に歯向かう訳ではありませんが、ベテラン騎手が対応するのが一番難しい馬だという側面はありそうですよ。

Y:引っ掛かる馬や癖馬はこちらが思っている以上に乗るのが大変らしいからね。

野:体質も強いタイプではないでしょうし、疑って掛かりたいですね。

Y:他に狙い馬はいるの?

野:基本はアドマイヤロブソン(牡3、栗東・友道厩舎)なのかなとは思いますよ。やはりルメール騎手も乗ってきますし。ただ、スイーズドリームスがいるので、そこまで極端な人気にもならないはず。超大穴はテイエムシャッフル(牡3、美浦・石栗厩舎)ですね。

Y:えーー。前走はダートとはいえ2秒8負けている馬だよ。

野:この馬は母トウカイデンヒルという名前からも分かる通り、母もきょうだい馬もこの上まで全てトウカイの冠名でお馴染みの内村正則オーナーが所有していました。

Y:そうだね。1勝馬が中心だけどデビューできればコンスタントに勝ち上がる馬が多いみたいね。

野:でしょ!以前からPOGでは流出血統に注意といってきました。アドマイヤ牝系だとか最近だとダイワ牝系だとか。現3歳世代ではレーヌミノルは父も母もダイワ馬だったりします。

Y:そうかも知れないけどさ、急激に変わり身があるんだろうか。

野:前走は惨敗していますが、3番人気に推されていたほどの馬。厩舎は関東でも目立たない(失礼!)石栗厩舎の馬ですよ。追い切りで動いていたのは間違いないし、この下の2歳も父はマツリダゴッホ。テイエムシャッフルはそれなりに期待されていると思うんですよね。

Y:北海道サマーセールで432万円というのはまずまずいい値段かも知れないけどね。石栗厩舎とテイエムオーナーといえば、テイエムオオタカもいたしね。全くノーチャンスではないのかな。

野:今回激走するかはともかくどこかで穴を開けると思うんですよ。

Y:そういえば、この時期はネタ不足になりがちだから去年も馬券の話が中心だったことを思い出したよ。昨年の1回小倉開催でキチロクステージには注目とかなんとか。その後、確かに春の中山で、単勝30倍台で勝利してるんだよな(笑)。

野:少頭数の割に行きたい馬もいるので、上手く折り合いが付けばと今回も期待していますが、長年、1人のオーナーが大切にしてきた血統は注意した方がいいですよ。これはPOGでもいえることではないでしょうか。

Y:ドゥラメンテ、レーヌミノルなどを見ていると、確かに流出血統はPOGでは新たな候補馬選出の手法になるかも知れないから、来期のためにも研究しておいてよ。

野:その前に馬券で仕留めたいですけどね。

Y:君は結局、そこだよね!