POG実行委員長Y(以下Y):アネモネSも、フィリーズRも意外と堅い決着だった。

カラクレナイ
ライジングリーズン

ライター野中(以下野):いかにも荒れそうなトライアルレースが2つとも堅いとは意外でしたが、それだけ牝馬は上の層が厚いということもいえそうです。関脇クラスでも例年ならもっと上を目指せたのかも知れません。

Y:一方、牡馬はまだピリッとした馬が出てきていないという状況かな。

野:弥生賞のカデナは恐らく時計が遅いと本番でもいわれるでしょうね。共同通信杯も例年ほどではないということがムーヴザワールドで証明された気もしますし。

Y:あれだけ負けるとは思わないよね。

野:特に異常がなかったようで何よりですが、ムーヴザワールドが母リッスンの仔だけに成長と馬体が追い付いていないのか、単に能力の問題なのかはまだはっきりしませんよね。

Y:少し疲れもあったのかも知れないね。

野:フローラルウォーク賞を勝利したスズカメジャーはまだ可能性があるのかも知れませんが、芝2000m戦の後に1600m戦というのは、ダービーを目指す上ではプラスとはいえず……。なかなか、新勢力が台頭してきていないという状況は変わらずですね。

Y:そういった意味ではスプリングSは重要となるよね。

野:当然、百日草特別でアドマイヤミヤビ(クイーンC)、カデナ(弥生賞)の3着に入ったアウトライアーズは中心視しないといけないでしょう。

百日草特別

Y:百日草特別は3頭が抜けていたし、3頭の差はほとんどなかった。

野:ただ、牡馬クラシックを目指す馬が番組の関係とはいえ、百日草特別の後に1600m戦を使ったのがどうでるかでしょうね。圧勝だったのは認めますが、田辺騎手は中山だと妙にハマった騎乗を見せるので。ホウオウパフュームも凄い勝ち方でしたよね。馬が本当に強いのか田辺マジックで強く見えるのかはっきりすると思いますよ。

Y:他に気になる馬はいるかな。

野:サトノアレスはGIを勝った後ですが、乗り替わり。中山1800mなら距離がどうこうということでもないでしょう。本質的にはマイラーなのかなという気もしますが、血統的にはクラシックで活躍しても不思議はありません。ただ、6戦目で早くも5人目の騎手。クラシックでんでん、いや、云々する馬がこれほど騎手が変わるのかなという裏読みはあります。

Y:最近はどんどん乗り替わる位だし、マカヒキもルメール騎手から川田騎手になってもダービーを勝利したように関係ない気もするけどね。

野:人馬一体とかデビュー戦から同じ騎手ということを拘る時代ではないのかも知れませんね。モンドキャンノも1800m、2000mはこなせる下地はあると思いますが、真の目標はNHKマイルCという気がします。ウインブライトはアウトライアーズにひいらぎ賞で負けていますが、ステイゴールド産駒だけにここでの走りは注目。

Y:権利獲れさえすれば、皐月賞でも掲示板には乗っていそうだよね。

野:サンデーRのオールザゴーは勝負気配はありますよね。ダンビュライト以外で目ぼしい馬はいません。ヴァナヘイムも春のクラシックは無理となれば、必然的にオールザゴーには頑張って貰いたいはず。

Y:牝馬はジューヌエコール、アエロリットなどいるのに、牡馬は苦戦しているよね。

野:ノーザンF全体で見れば中心は同牧場の生産馬が中心となるのは変わりませんが、サンデーRは昨年の3歳牡馬路線もハートレーが故障に泣いたり、クラシックとは縁遠かったので、2年連続してダービー不出走は避けたいはずですよ。

Y:ただ、オールザゴーの母はアルーリングボイス。母系を考えると、いくらお父さんがステイゴールドでもって気はするけど。

野:前走はマイル戦を平均ペースで逃げ切っているということを考えると、この馬も実力はまだ把握できないところはあるかと。大物かといわれると違うって気はします。

Y:スプリングSもアウトライアーズが活躍するようだと、カデナとの戦いということになるのかも知れないね。

野:若葉Sに注目馬がいますよ!

Y:あの馬だね。

野:エクレアスパークルですね。この馬がデビューする際も触れましたが、馬主の李柱坤オーナーはマカオ競馬のドン。前走は前半がスローペースですが、難なく折り合って楽勝。ハーツクライ産駒だけに順調に出世するかは分かりませんが、ここを突破できるようだとクラシック候補に踊り出ても不思議はありません。

エクレアスパークル

Y:若葉Sを勝利するようだと、本当にハーツクライ産駒の当たり年ってことになるね。

野:ただ、ハーツクライは順調に行かないので、どこで爆発(力を発揮できて急上昇)するかが読み辛いところはありますけど。

Y:他に注目馬はいる?

野:若駒Sを勝利したアダムバローズや梅花賞を楽勝したインヴィクタなどがいますが、前者はタガノアシュラとの先手争いが鍵となるでしょう。後者はハービンジャー産駒だけに、若葉Sで好走してもGIでという問題はありそうです。であれば、思い切ってドリームソルジャーを推そうかと。

Y:小倉の未勝利を勝っただけじゃないの?

野:たしかにデビューしてから4走はクラシックというレベルではないと思いました。ところが前走で一変したかのような走り。2000m戦にしては割と緩まないペースだったのに、前目で押し切りました。2着馬も4馬身離しましたが、3着馬は2着馬から更に5馬身離されました。圧勝といっていいし、高速馬場を乗り切るスタミナがあるのは間違いないと思うんですが……。

Y:馬体重が12キロ増えての楽勝はいい感じだよね。身が入ったのかも知れないね。

野:逆説的ですが、それだけ、クラシック路線もまだまだ間に合う馬がいるということだと思いますよ。この時期に急上昇した馬が主役となるはず。

Y:最後にフラワーCにも触れておこう。

野:現時点で有力馬を所有していない方は、ファンディーナを応援していることでしょう。

Y:確かに、ソウルスターリングもリスグラシューもアドマイヤミヤビを持たれている場合が少なくないからね。ファンディーナを持っているという人は稀だろうし……。

野:前走はメンバーはともかく2番手から控えて味のある競馬。前目につけて上がり最速を使える馬ですし、楽勝して桜花賞へ向かうと面白いかも知れませんね。

ファンディーナ

Y:それにしても牝馬はつよいね。

野:もういいでしょうって感じも受けますけどね。

Y:必ず余計なことをいおうとするよね(苦笑)。

野:どちらにしても、今週で大方、判断できる状態にはなると思いますよ。

Y:来週辺りからは次期の情報もよろしくね。