びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram
  • line
新規会員登録

PR

  • うまスク
競馬ラボ公式ツイッター

古川幸弘の穴ズバ!

3月は反撃態勢!

土曜穴ズバ

どうも!美浦の古川です。

昨年はチャンピオンズCでのG1勝ちを含め自身最高の52勝を挙げた大野拓弥騎手だが、今年は低迷して2月は1勝止まり。しかし、年度替わりの3月は反撃態勢で、今週は固め打ちできそうな駒が揃っている。その中でも当人も星勘定に挙げているのが、土曜中山8R・4歳上1000万下の⑮アームズレングス(牝4、美浦・加藤征厩舎)。

爪の不安でデビューが昨年8月となったが、その初戦は既走馬相手にメンバー最速の上がりで差し切り勝ち。そして2戦目も3ヶ月の休養明け、昇級戦などの不安を払拭して快勝と、能力の高さを感じさせる内容。また前走は④着となったが、鞍上は「ゲート内で立ち上がった時にスタートとなり、後方からの競馬になった」と説明。それでも逃げた勝ち馬に0秒1差まで詰め寄り、勝ちに等しい競馬だった。陣営も「前走は前残りの流れだったが、終いはシッカリ脚を使ってくれた。素質はかなり上だし、牝馬同士ならこのクラスでも勝てるはず」と改めて期待を寄せている。

鞍上の大野もすでに手の内に入れており、スタート五分なら今度こそ差し切れるだろう。

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ