びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

コースデータ

福島競馬場 ダート1000m
福島競馬場

コース攻略検証・見解

上りが中心の坂コース。スタート地点がコースの一番低い部分で、ゴール地点が一番高くなっているため、緩やかな上り一手になる。だが3〜4コーナーが典型的なスパイラルコーナーなので、小回りの割にはコーナリングでスピードが落ちない。

04年秋からダート1150mが作られたため、それ以前に比べてレース数は少なくなった。幅員が20mと狭く、フルゲートが12頭と少ないことも特徴の一つ。

下級条件のみの施行で、単純に「強い馬なら前に行ける」ということもあるが、逃げ馬の勝率が40%、連対率が65%強、複勝率が80%という典型的な前有利のコース。下図の通り、集計期間中では、後方待機馬は未勝利、前崩れの展開になっても2着まで。このコースで後方から2〜3着まで追い込んできた馬は、次走以降も好走することが多い。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス レース数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り 1-3着逃 〃先行 〃差し 〃追込
2歳 新馬 1 1.00.8 35.1 37.2 2.1 37.1 1 2 0 0
未勝利 1 1.00.2 35.3 37.1 1.8 36.8 1 2 0 0
3歳 未勝利 5 1.00.0 35.3 36.7 1.4 36.5 4 10 1 0

集計は2011年〜2016年2回福島 「上り」は、勝ち馬の平均上がり3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

~POINT~
・逃げ、先行馬が有利
・吉田隼人騎手が2勝でリーディング
・勝馬はすべて外の7.8枠から。圧倒的に外枠が優秀

福島競馬場

福島競馬場
芝コース
ダートコース