LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

コースデータ

福島競馬場 芝1800m
福島競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

前後半差があまりない平均ペースになりやすいコース。ただし、ローカル小回り芝1800mの中では最も1コーナーまでの距離が長く(約305m)、他場に比べ、テン3Fは若干速くなる傾向にある。

レースの大半を占める3歳未勝利、古馬500万下では前へ行く馬が特に有利。直線が短いため、極端な追い込みが決まることは滅多になく、基本的には前が残りやすいコースと言える。下のラップをみていただければわかる通り、前後半のペースの差がほぼなく、先行力と持続力が求められるコースだ。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前5F 後5F R3F差 1上り
2歳 新馬 13 1.51.4 37.1 35.7 63.4 60.9 -1.4 35.5 7 15 15 2
未勝利 16 1.50.0 36.1 36.2 31.7 60.9 +0.1 35.9 9 23 13 3
500万 3 1.50.0 36.6 34.9 32.8 60.1 -1.7 34.5 1 6 0 2
3歳 未勝利 21 1.49.0 35.6 36.1 60.7 60.7 +0.5 35.8 9 32 20 2
OPEN 3 1.46.4 34.8 35.1 59.1 59.6 +0.3 34.7 1 4 3 1
古馬 500万 33 1.48.5 36.0 35.6 60.9 60.0 -0.3 35.2 14 34 38 13
1000万 3 1.47.9 36.3 35.4 60.8 59.0 -1.0 34.9 1 6 1 1
1600万 3 1.47.0 35.3 36.1 59.2 59.6 +0.8 34.8 1 3 2 3
OPEN 6 1.47.0 35.4 35.6 59.7 59.4 +0.1 35.4 2 11 5 0

  • 買いの法則
  • 消しの法則
柴田
大知
騎手

【7.8.4.33】と期間内で最多勝。連対率28.8%もさることながら、単勝回収値299、複勝回収値118とベタ買いしてもプラスになるオイシイジョッキーだ。

馬主
シルク
レーシング

大手の良血馬を抱えているだけに、ローカルでの成績が目立つのは意外な気もするが、【4.6.0.16】で単回値335、複回値171。2016年のラジオNIKKEI賞もゼーヴィントで制している。また、馬主ではウインも好成績だ。

母父
タイキ
シャトル

【5.2.2.19】と好走率も優秀なのだが、単回値は577と優秀。勝ち星も異なる馬のもので、適性が見込める。

吉田

騎手

2014年の福島牝馬ステークスを制しているが、人気馬での凡走もあり、1-0-1-31と苦戦している印象。17年4月16日時点で32連敗中。

ハービン
ジャー
産駒

【0.2.5.30】で未勝利。平均人気も5.8倍と支持を集めていることを思えば、2、3着があるとはいえ、物足りない。クロフネ産駒も【0.1.1.23】。

~POINT~
・繰り返しになるが、逃げ、先行馬が有利(特に下級条件)
・マイネル軍団の相性がいい
・コース別では、前走東京芝1600m、1800m組が強い。また、前走で東京のダートに使っていた馬が穴を開けるケースも稀にみられる

集計期間は14~16年福島 表の「上り」は勝ち馬の平均上り3F/逃・先・差・追は1~3着馬の脚質シェア

福島競馬場

福島競馬場
芝コース
ダートコース