びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

コースデータ

京都競馬場 ダート1900m
京都競馬場

コース攻略検証・見解

京都ダート1800mのスタート地点より、100m後ろからスタートする。下図のデータを見比べると分かるように、1800mとほぼ同様の流れ。ただし、スタート後の直線が長い分、枠順の有利不利は緩和されている。

やはり逃げ・先行馬が圧倒的に有利。直線に入ったところで好位に付けていなければ勝ち負けは難しい。追い込み馬が勝ったのは集計期間中35鞍のうち、逃げ・先行馬が全滅のハイペースだった1鞍のみ。馬券は先行力のある馬を中心に組み立てるべき。

種牡馬ではゴールドアリュールがオススメ。複勝率で40%を超え、単回値、複回値でも優秀な数字を残しており、連軸に最適。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後5F 後3F R3F差 1上り
3歳 未勝利 8 2.00.8 36.8 63.2 64.1 38.5 +1.7 38.2 7 11 6 0
古馬 500万 31 1.59.5 36.9 62.8 63.1 37.7 +0.7 37.4 16 50 19 8
1000万 17 1.58.5 36.7 62.4 62.3 37.3 +0.6 36.9 7 21 19 4
1600万 10 1.57.8 36.6 62.0 62.1 36.9 +0.4 36.3 5 12 9 4
OPEN 7 1.56.6 36.0 61.1 61.7 37.1 +1.4 36.9 2 11 8 0
  • 買いの法則
  • 消しの法則
松山
弘平
騎手

【7.3.6.23】で勝利数はトップ。単勝・複勝回収値も153・114とベタ買いしてもプラスになる公算。川田将雅騎手【6.7.7.15】、福永祐一騎手【5.2.3.13】も優秀。

大橋
勇樹
厩舎

【3.6.0.21】とマズマズ。好走馬が集中しておらず、意図的にこの番組を使って走らせているイメージだ。

ゴールド
アリュール
産駒

ダートの長丁場といえば、といった種牡馬だが【6.9.6.29】で質量ともに良好。馬場状態で好走率にバラつきがないのも好感。

馬主
松本
好雄

1番人気での2着があるのみで【0.1.0.21】。上位人気馬が苦戦している。

ディープ
インパクト
産駒

【1.1.4.18】の成績のうち、6度の好走のうち半分が1番人気でのもの。産駒はダートの長距離戦というタイプではないだけに致し方ない数字だ。

~その他のPOINT~
・逃げ・先行馬が有利
・勝負どころで好位に付けていなければ勝ち負けに加わるのは難しい
・四位の成績が飛び抜けて良い

集計は2014年~2017年2回京都/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

京都競馬場

京都競馬場
芝コース
ダートコース