びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

コースデータ

京都競馬場 芝1200m
京都競馬場

コース攻略検証・見解

逃げ、先行馬が有利な舞台。スタートから3コーナーまで上り坂でこの距離にしてはテン3Fが速くなりづらい。直線も短く平坦であるため、前が残りやすい。

3~4コーナーの角度が急なので、頭数にかかわらず内枠有利。インコースに入った先行馬から入るのがセオリーだろう。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス レース数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り 1-3着逃 先行 差し 追込
2歳 新馬 14 1.10.4 35.6 34.9 -0.7 34.6 7 24 7 4
未勝利 16 1.09.5 34.7 34.9 0.2 34.6 10 23 12 3
500万 8 1.09.5 34.4 35.2 0.8 34.5 4 10 8 2
3歳 未勝利 13 1.09.2 34.6 34.6 0.0 34.4 8 21 10 0
500万 12 1.08.4 34.2 34.3 0.1 33.9 7 14 12 3
OPEN 6 1.08.2 34.1 34.2 0.1 33.6 2 6 6 4
古馬 500万 10 1.08.4 34.2 34.3 0.0 33.8 2 9 17 2
1000万 36 1.08.5 34.3 34.2 -0.1 33.8 21 42 34 11
1600万 23 1.08.8 34.4 34.5 0.1 34.2 12 25 15 17
OPEN 33 1.07.8 34.0 33.9 -0.1 33.5 14 32 38 15

集計は2011年~2016年3回京都 「上り」は、勝ち馬の平均上がり3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

~POINT~
・1200mの割りにテンが速くならない
・逃げ、先行有利

~特注種牡馬~

勝利数トップ=サクラバクシンオー(17-16-12-155/200)
勝率8.5%、連対率16.5%、複勝率22.5%、単回値59、複回値64

高連対率=ストーミングホーム(4-3-1-15/23)
勝率17.4%、連対率30.4%、複勝率34.8%、単回値47、複回値92

高単勝回収値=スウェプトオーヴァーボード(4-6-1-37/48)
勝率8.3%、連対率20.8%、複勝率22.9%、単回値158、複回値99

コースデータ

▲2016年のシルクロードSは最内枠から抜け出したダンスディレクターが重賞初制覇!

京都競馬場

京都競馬場
芝コース
ダートコース