LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

コースデータ

京都競馬場 芝3200m
京都競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

天皇賞(春)のためのコース。よって、年に一度しか行われない。向正面直線半ばからスタート。最初のコーナーまでは417m。1周目の丘はゆっくり上り下りし、1〜2コーナーとその前後どちらかで息を入れ、2回目の坂の上りあたりからペースが速くなり、一気に下ってゴールまで流れ込む。

道中のペース次第で、レースの上がりが34秒台前半になることもあれば、36秒台に突入することも。よって逃げ馬、鞍上のタイプはシッカリと把握しておく必要がある。ただし、キタサンブラックのような実力馬はともかく、スタートからの逃げ切りはほぼない。レース途中で主導権を奪って押し切った12年ビートブラックの例もあるが、スローペースで逃げても決め手のある馬に交わされる。基本は逃げ切りは困難なコースと言える。
とは言っても、直線だけの追い込みで勝つのも難しい。2周目の坂から徐々にポジションを上げ、ロングスパートで押し切るというのが勝ちパターン。自ら位置取りを押し上げることが出来る機動力が欲しい。また、道中の距離損が少ないにこしたことはない。よって、内枠が有利となりやすい。

種牡馬では近5年で3勝のステイゴールドは勿論のこと、注目すべきはハーツクライ。勝ち馬こそ出ていないものの、近5年で6回馬券に絡んでおり、複勝率は46.1%。このコースで最も安定感のある種牡馬と云っても過言ではない。また、長距離戦は騎手の腕がモノをいうとは言われたものだが、蛯名正義、武豊、横山典弘騎手らが近年、勝ち星を挙げている点はその格言の裏付けともいえる。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス レース数 1着タイム 前3F 後3F 前5F 後5F R3F差 1上り 先行 差し 追込
古馬 G1 5 3.14.6 36.6 35.6 60.9 59.7 -1.0 35.4 2 6 7 0

  • 買いの法則
  • 消しの法則
ハーツ
クライ
産駒

勝ち星こそないが【0.3.3.7】で複勝率46.2%。複勝回収値も264とプラスだ。2016年、2015年とカレンミロティックが穴を開けている。ステイゴールド産駒も【3.0.0.8】だ。

1番
人気馬

過去10年に遡っても【0.0.1.10】で連対すらない。いま思えば不思議だが、2016年の勝ち馬キタサンブラックも2番人気だった。

ディープ
インパクト
産駒

そもそもディープインパクト産駒自体が芝3000m超の距離では未勝利だったのだが、サトノダイヤモンドが菊花賞制し(後に阪神大賞典も)、ジンクスを打ち破った。なお、天皇賞(春)では【0.1.0.9】、芝3000m以上での通算は【2.9.6.40】という成績だ。

ノーザン
ファーム
生産馬

2着、3着はあるだけに大きく減点することはないだろう。しかし、過去5年で【0.4.3.19】という成績は大手としては物足りない。長距離戦に重きを置いていないのか?その動向に注目だ。

集計は2012年~2016年京都/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右の表は1~3着馬の脚質シェア

京都競馬場

京都競馬場
芝コース
ダートコース