LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

コースデータ

京都競馬場 芝1400m(外)
京都競馬場

コース攻略検証・見解

京都1400の内回りが下級条件で使われるのに対し、外回りは上級条件で使われる。

スタートから3コーナーまでの距離は512m。3〜4コーナー中間の丘は内回りより1.2m高く、上りはなだらかに上るが、下り傾斜がきつい。また3〜4コーナーは典型的な角コーナーでスピードが出る。そのため4コーナー出口で馬群が膨らみやすく、また直線に向いた直後に内回りと合流するため内が開くのが特徴。直線も400mほどあり、実力馬が力を発揮しやすい舞台。

短距離なので先行するに越したことはないが、内回りほど逃げ・先行馬中心の競馬になるわけではない。外回りはゴール前直線が76m延びることで、差し馬も届く。展開次第ではどの脚質でも戦えるので、まずはメンバーの脚質をチェックしたいコースだ。

2歳戦、3歳戦ではOP競走のみの施行。下級条件の内回り1400mで逃げ切った馬が、外回り1400mに替わって後続に捕まるケースが目立つ。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス レース数 1着タイム 前3F 後3F 1上り R3F差 1-3着逃 先行 差し 追込
2歳 500万 2 1.22.3 35.9 34.5 33.9 -1.5 2 1 2 1
OPEN 7 1.21.4 34.9 34.8 34.2 -0.1 3 7 8 3
3歳 500万 4 1.22.7 35.7 35.2 34.8 -0.6 0 6 5 1
OPEN 12 1.21.8 35.2 35.0 34.3 -0.2 3 7 17 9
古馬 500万 10 1.21.4 35.0 34.8 34.3 -0.2 3 4 21 2
1000万 33 1.21.7 35.6 34.5 34.0 -1.1 12 29 44 14
1600万 24 1.21.2 35.3 34.4 33.9 -0.9 8 23 30 11
OPEN 13 1.20.5 35.1 34.0 33.7 -1.1 8 10 17 4

集計は2011年~2016年3回京都 「上り」は、勝ち馬の平均上がり3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

枠番別成績
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収値
1枠 11- 17- 6-118/152 7.2% 18.4% 22.4% 51 61
2枠 10- 15- 13-124/162 6.2% 15.4% 23.5% 82 124
3枠 9- 10- 17-141/177 5.1% 10.7% 20.3% 50 66
4枠 14- 9- 19-148/190 7.4% 12.1% 22.1% 96 108
5枠 14- 12- 15-157/198 7.1% 13.1% 20.7% 63 83
6枠 17- 15- 14-158/204 8.3% 15.7% 22.5% 81 81
7枠 17- 15- 13-185/230 7.4% 13.9% 19.6% 101 94
8枠 16- 15- 11-199/241 6.6% 12.9% 17.4% 96 58

~POINT~
・内回りよりも差しが届きやすい
・OP競走以外はクラスによるタイム差が殆どなく、比較的、昇級戦から好走するケースが多い

~特注種牡馬~

勝利数トップ=ディープインパクト(11-9-5-59/84)
勝率13.1%、連対率23.8%、複勝率29.8%、単回値87、複回値67

高連対率=フレンチデピュティ(3-3-1-17/24)
勝率12.5%、連対率25.0%、複勝率29.2%、単回値51、複回値65

高単勝回収値=クロフネ(3-4-4-24/35)
勝率8.6%、連対率20.0%、複勝率31.4%、単回値168、複回値226

コースデータ

▲2015年のスワンSはアルビアーノが直線一気の末脚で勝利!

京都競馬場

京都競馬場
芝コース
ダートコース