びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

コースデータ

東京競馬場 ダ1600m
東京競馬場

コース攻略検証・見解

芝のポケットスタート。ダートの本線までに150mほど芝を走る。芝で加速をつけてスピードに乗せる必要があるため、出遅れは致命的。まずは好発できるかどうかが勝負の分かれ目となる。

芝スタートということもあり、スローペースになることは少なく、ラップは大きく前傾するのが基本。砂質も軽く、結果的に芝並みの速い時計・上がりが要求される。そのため、得意な馬の不得意な馬の適性の差がハッキリと出る。

ダート戦ということで基本的には逃げ・先行が有利だが、東京ダート1300m~1400mに比べると逃げ切りの割合は少なく、上級クラスになると後方からの差し・追い込みも届く。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス レース数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り 1-3着逃 先行 差し 追込
2歳 新馬 22 1:39.7 36.3 37.4 1.2 37.0 5 32 21 8
未勝利 46 1:39.3 35.7 37.9 2.3 37.7 20 65 41 12
500万 10 1:38.0 35.2 37.6 2.5 37.1 3 9 11 7
3歳 新馬 15 1:40.5 36.3 37.7 1.5 37.4 6 25 10 4
未勝利 168 1:39.2 35.8 37.9 2.1 37.4 60 226 167 51
500万 46 1:37.9 35.4 37.1 1.6 36.6 10 59 43 26
OPEN 15 1:36.7 35.1 36.7 1.6 36.2 4 16 11 14
古馬 500万 135 1:37.8 35.7 37.1 1.5 36.6 34 173 136 62
1000万 76 1:37.0 35.6 36.7 1.1 36.2 20 87 88 33
1600万 31 1:36.4 35.2 36.6 1.4 36.0 8 23 39 23
OPEN 23 1:35.5 34.8 36.4 1.6 35.9 4 20 31 14

集計は2011年~2016年3回東京 「上り」は、勝ち馬の平均上がり3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

~POINT~
・基本的に先行有利だが上位クラスでは差し、追い込みも届く
・C.ルメール騎手が抜群の好相性
・特注種牡馬の単勝回収率に注目

~特注種牡馬~

勝利数トップ=ゴールドアリュール(43-31-18-284/376)
勝率11.4%、連対率19.7%、複勝率24.5%、単回値148、複回値72

高連対率=ノボジャック(6-2-1-18/27)
勝率22.2%、連対率29.6%、複勝率33.3%、単回値207、複回値125

高単勝回収値=ワイルドラッシュ(10-6-1-94/111)
勝率9.0%、連対率14.4%、複勝率15.3%、単回値359、複回値84

コースデータ

▲2016年のフェブラリーSは差し馬の追撃を封じたモーニンが重賞2連勝でG1初制覇!

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース