びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

コースデータ

東京競馬場 芝1400m
東京競馬場

コース攻略検証・見解

スタートして60mすると緩やかな上りになり、350mほどすると3コーナーとなるため、芝1400mという距離のわりにハイペースになりにくい。やや遅めの平均ペースの競馬が多く、時にスローペースとなることも。他の競馬場の芝1400mでは前傾ラップとなるが、東京競馬場は殆どの条件で後傾ラップとなる。

3~4コーナーも馬場改造でより丸い球状に変更されたため、以前ほど下り加速がつかず、息が入りやすくなる。そのため各馬が余力を持って直線に入り、ヨーイドンの上がりの勝負になりやすい。重賞では逃げ馬が波乱を演出している。スピードで押し切るタイプのスプリンターよりも、決め手のあるマイラーが強く、速い上がりが使えれば位置取りは問わない。

枠は内が有利で、8枠に入った1番人気馬は危険な数字が出ている。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス レース数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り 1-3着逃 先行 差し 追込
2歳 新馬 47 1:24.2 36.7 34.9 -1.9 34.5 24 47 59 11
未勝利 42 1:23.2 35.8 35.1 -0.7 34.6 15 53 45 13
500万 13 1:22.2 35.4 34.6 -0.8 34.2 6 9 20 4
OPEN 5 1:22.1 35.9 34.0 -1.9 33.7 1 10 3 1
3歳 新馬 3 1:24.1 36.5 34.7 -1.7 33.8 2 4 3 0
未勝利 36 1:22.9 35.7 35.0 -0.7 34.4 13 36 47 12
500万 31 1:21.9 35.3 34.6 -0.7 34.0 11 25 46 11
OPEN 6 1:21.9 35.1 34.8 -0.3 34.0 1 4 10 3
古馬 500万 29 1:22.0 35.4 34.6 -0.8 34.2 13 29 40 5
1000万 58 1:21.7 35.2 34.7 -0.5 33.9 20 60 73 21
1600万 30 1:21.1 35.2 34.2 -1.0 33.7 10 32 35 13
OPEN 15 1:20.8 34.9 34.3 -0.7 33.5 3 11 19 12

集計は2011年~2016年3回東京 「上り」は、勝ち馬の平均上がり3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

~POINT~
・とにかく速い上がりを使える馬を重視
・2歳戦は瞬発力+機動力も重要
・ベテランのポジショニングが冴える舞台。西では福永、川田に注目

~特注種牡馬~

勝利数トップ=ダイワメジャー(30-25-18-178/251)
勝率10.6%、連対率14.3%、複勝率19.0%、単回値91、複回値54

高連対率=ファルブラヴ(6-8-7-39/60)
勝率10.0%、連対率23.3%、複勝率35.0%、単回値40、複回値81

高単勝回収値=マツリダゴッホ(4-5-6-30/45)
勝率8.9%、連対率20.0%、複勝率33.3%、単回値423、複回値131

コースデータ

▲2016年の京王杯SCは長い直線で末脚を生かしたディープ産駒サトノアラジンが悲願の重賞初V!

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース