LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

コースデータ

東京競馬場 芝2500m
東京競馬場

コース攻略検証・見解

目黒記念とアルゼンチン共和国杯が行われるコース。2011年まではその他に3歳未勝利戦が1鞍組まれていたが、現在は1年で2回しか使用されない。

1コーナーまでの直線距離は450m。全体距離は芝2400mよりも100m長くなっただけだが、スタート地点がスタンド前直線の坂下になり、上りスタートになる。このため、2400mよりもテンは落ち着く傾向。

ただし、中盤のペースは緩みにくく、全体的にフラットなミドルペースになることが多い。直線の坂を2度上ることもあり、ゴール前は瞬発力に加え、スタミナも必要。持久力勝負になりやすい。同じ競馬場で100m違うだけではあるが、異なる資質が求められることが特徴。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後5F 後3F R3F差 1上り
3歳 未勝利 1 2.35.3 36.7 63.2 59.9 35.9 -0.8 35.2 0 1 2 0
古馬 重賞 12 2.31.2 36.1 60.9 59.4 35.0 -1.1 34.6 0 12 20 4

  • 買いの法則
  • 消しの法則
蛯名
正義
騎手

【2.2.0.7】で連対率は36.4%。単勝回収値もプラス収支になる公算。また、2014~2016年で、目黒記念かアルゼンチン共和国杯、どちらかのレースで連対を果たしている。(1年空いて12年でも連対しており)このコースを得意としているといえそうだ。

ハーツ
クライ
産駒

【2.2.0.14】で4度馬券に絡んているが、いずれも違う馬が絡んでおり、長丁場での適性が問われる当コースが合うのだろう。ゼンノロブロイ、キングカメハメハ産駒も好相性。

友道
康夫
調教師

【2.1.1.4】と(ムスカテール、シュヴァルグラン、ヴォルシェーブの3頭のみの数字だが)単回値は100を越え、複勝率も50%と好相性を誇る。東京芝2400mも好成績を残しているように、こういった舞台に強い厩舎カラーであることが窺いしれる。

上がり
最速

上がり最速をマークした馬は【4.2.3.5】で、勝率28.6%、複勝率64.3%及び、単回値369、複回値187といずれも素晴らしい。速い上がりを使える馬を狙え。

馬主
社台
RH

母数が少ないとはいえ【0.1.1.7】と幾分物足りない数字。2012年のアルゼンチン共和国杯では1番人気を裏切っている。

逃げ馬

13戦して、過去6年一頭も馬券に絡んだことがない。逃げ一手の馬は迷わず切りだ。

集計は2011年~2017年1回東京/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース