LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

坂路王

キミノナハセンター、東京で本領発揮!

業界最速トレセン直送ナマ情報

中山開催が終わり、今週から東京開催に突入。
開幕週だけど、先週に続いて月曜にかなりの量の雨が降った影響か、またも少し時計がかかる馬場状態となった。
今週の美浦坂路での追い切りは、50秒台が1本、51秒台が13本(水曜追い切り)。
先週の美浦坂路組連対7頭とイマイチだったけど、今週は攻め馬で11秒台が1本出たように、終いを伸ばしてくる馬が結構目立っていた。活発に動いていた馬が多かったから、巻き返しが期待できそうだ。

それでは、注目馬を伝えるね。


まず今週のイチオシは、日曜東京9R 石和特別(芝1800m)に出走するキミノナハセンター

10ヵ月の骨折明けを2度叩かれて、ようやく調子が上がってきた。
攻め馬は、4/2が、58.5-42.8-13.9。
9日は、54.9-40.0-12.6。
12日は、54.9-40.4-12.5。
16日は、56.9-41.0-12.5。
19日は、55.3-40.6-12.8(馬なり)。ハウメア(3歳500万)馬なりを2馬身追走~併入
9日から4回連続併せ馬でしっかりと乗り込まれてきた。時計は地味だけど動きは着実に良化しており、今度は実績ある東京。そして手綱を取るのは好調田辺Jで、手も合いそうだ。
前走は出遅れてチグハグな競馬になってしまったけれど、発馬五分なら巻き返せる。
相手はサトノキングダムが強敵。他ではフジマサエンペラーラインハーディーフォワードカフェスパーブデイロゼリーナ


2頭目の注目馬は、日曜東京7R 3歳500万下(ダ1600m)に出走するアルーフクライ

前走は7着に敗れたが、スタートが悪く道中も折り合いがつかず、さらには直線でも不利があり、ほとんどレースをしていない。
攻め馬は、4/12が南Wで、54.0-38.2-12.6。
16日は、53.8-38.8-12.6。
19日は南Wで、53.0-38.5-12.8(馬なり)。サトノダヴィンチ(古1000万)馬なりを5馬身先行~併入
中間から全て馬なりの内容も、強く追わないのはこの厩舎のパターン。また、久々よりもひと叩きされた方が走る傾向が多く見られるのが特徴的だ。
この馬も2週連続で自己ベストを更新と順当に良化しており、今度は走ってくるだろう。
多頭数で馬券的妙味が見込めそうで、ここは狙い目だ。
相手はロージズバードサノサマーロッキーバローズリードザフィールドバリンジャータイセイブレーク


3頭目の注目馬は、日曜東京4R 3歳未勝利(芝1400m)に出走するベストティアーズ

前走は直線で踏ん張りが利かなかったけど、久々と、外枠で気負って道中かかり気味に行ってしまったのが響いたもの。
攻め馬は、4/5が、53.4-39.0-12.7。
12日は、53.8-39.3-12.7。
19日は、54.0-39.0-12.4(強め)。
前走を叩かれた上積み大きく、馬体を大きく見せており、また落ち着きも出てきた。
ウッド併用で入念に乗り込まれ万全の仕上がりで、ここは好勝負になる。内枠を引けたら、さらにチャンスは広がるだろう。
相手はサトノジーガーロジキャロルグラスルアーケイティクロスコスモペリドットルックアットミー


それでは今週はこのへんで、また来週!


バックナンバーbucknumber

一覧へ