びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

坂路王

レレマーマ、前走勝って更に上昇!

業界最速トレセン直送ナマ情報

降雨の影響があり時計がかかった先週とはうって変わって、今週の美浦坂路では、49秒台が2本も出た。49秒台が2本、50秒台はなく、51秒台が11本(水曜追い切り)。
49秒1の猛時計を叩き出したファンデルワールスは攻め駆けするタイプだが、どんな走りを見せてくれるのかな…。

先週の美浦坂路組は、16頭連対とまたまた大活躍。今週末は好天に恵まれそうなだけに、期待はさらに広がる。

それでは、注目馬を伝えるね。


まず今週のイチオシは、日曜東京8R 日吉特別(ダ1400m)に出走するレレマーマ

カネヒキリ産駒の大型馬が、1年半もの長休明けを使われつつ、更に調子を上げてきた。
攻め馬は、5/7が、57.3-41.8-13.6。
10日は、53.5-39.4-13.1。
14日は、54.5-40.3-13.4。
17日は、51.4-37.6-12.8(強め)。マツリダダイキチ(3歳500万)馬なりを1.1/2馬身追走~1/2馬身遅れ
前走、初めての東京ダ1400mで6馬身差の圧勝。好発を決めて楽にハナに立ち道中単騎逃げに持ち込み、直線で余力残しのままで突き放す、圧巻の内容だった。
1年6ヵ月もの長休明けを使われつつ馬体が絞れ良化していたが、デキは更に上向いている。前走の走破時計の1分24秒2は1000万でも優に通用する優秀なもので、前々でスピードに乗れば、昇級戦でもいきなり勝ち負けになる。
相手はコロマンデルオホーツクシアーラインハシカミトゥルッリクイーンズターフ


2頭目の注目馬は、日曜新潟11R 韋駄天S(芝・直1000m)に出走するイオラニ

攻め馬は、5/17が、53.7-39.2-12.5(馬なり)。
いつも速い時計を出してくるこの馬にしては時計は平凡だけど、中1週だけにこれで十分。依然好調で、動き・気配とも絶好だ。
前走は直線競馬では初めての1600万だったけれど、抜群の反応でゲートを飛び出し楽にハナに立ちスピードに乗り、キッチリと連対を果たした。最後は勝ち馬の強襲に屈したものの、一旦前に出られたアレスバローズを差した内容は、負けてなお強し。
今度はさらにクラスが上がるけど、直線競馬の適性は申し分なく、互角以上の戦いになる。馬券的妙味十分で、ここは狙い目だ。
相手はプレイズエターナルラインミーティアウエスタンユーノーダンシングワンダーシンボリディスコレッドラウダ


3頭目の注目馬は、日曜東京1R 3歳未勝利・牝(ダ1400m)に出走するウェントワース

攻め馬は、5/5が南Wで、50.8-37.1-12.6。
11日は、52.6-38.8-12.6。
17日は、55.6-40.8-12.8(馬なり)。
前走デビュー戦は1番人気に支持されるも、デリケートな気性で前半は流れに乗れず、2着に終わった。それでも直線ではしっかりと脚を使って伸びており、瞬発力が光る見どころ十分の内容だった。
前走後ひと息入れた効果で動きが良化し攻めで活発に動いており、前走以上の状態に仕上がった。コース替りは好材料で、距離も合いそうだ。中団で脚を温存し、終い勝負で。
相手はスカイソングソートアフターメイショウアテンユメノカガヤキガチコツエーゲン


それでは今週はこのへんで、また来週!


バックナンバーbucknumber

一覧へ