びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

安田美沙子のコレ買います!

JCは現役屈指に応援しているこの馬から!

豪華メンバーのジャパンカップがやって来ました!私が名付けたホクラニミサちゃんの弟が出るということは、もう本命はあの馬です。今回も気持ちから入りますけど、きっと当コースは得意なはず!また信じてみたいと思います。私自身も周りも今ハッピーなことがとても多いので、そんな運気も後押ししてくれませんか。

⑨ディーマジェスティ

私が名付けたホクラニミサの弟。前走の菊花賞は3000mで④着。大外を回ったのでロスがありましたし、関西への輸送など他に敗因も考えられますが、3000mよりも2400mの方が間違いなく合っていそう。3歳馬のため東京の同コースを走って③着だったダービーよりも斤量は2キロ軽くなるのも有利で、当時よりも状態はイイというお話です。三冠を分けたマカヒキとサトノダイヤモンド不在なら、最強世代をこの馬が証明します。

③ゴールドアクター

近走で崩れたのは距離が長かった天皇賞(春)だけ。去年のアルゼンチン共和国杯は重馬場で①着。その前走も東京コースの2400mを快勝と適性は証明済みです。乗り替わりも珍しくない昨今で、吉田隼人騎手との名コンビは応援したくなります。スローペースになっても昨年の有馬記念の瞬発力やパワー、人馬の信頼関係があれば対応できると見ます。

①キタサンブラック

実績、安定感はこのメンバーでも1番。1枠①番で武豊さんというのも、北島三郎オーナーの運の強さという気がします。ただ、菊花賞、天皇賞(春)、京都大賞典と勝っている重賞の大半は京都コース。日本ダービーで唯一、崩れた当コースを克服できるかがポイントですね。展開の鍵を握る馬でもあり、逃げるのか控えるのか、その位置取りも楽しみです。

⑫サウンズオブアース

昨年のジャパンカップで⑤着。1コーナーで接触してしまいましたが、実はG1の菊花賞、有馬記念で②着という実力の持ち主です。G1に強く、乗り慣れたM.デムーロ騎手ですし、休み明け2走目の上積みも期待できそう。初の重賞制覇がこの大舞台というシーンも考えておきたいです。

④ルージュバック

ジャパンカップは牝馬が2009年以降、5勝②着2回もしています。ルージュバックは1800mで4勝しているので、もしかしたら距離は長いのかもしれませんが、オークス②着というコース実績からも軽視できません。前走の天皇賞(秋)はスムーズさを欠いたようにも見えたので、リーディングジョッキーの巻き返しに注目です。

まだまだ試練が続きます……。

1着 キタサンブラック 単勝380円
2着 サウンズオブアース
3着 シュヴァルグラン
馬連2570円 3連単36260円


他の馬の本命は考えられなかったJCですが、ディーマジェスティは後方追走のまま伸びを欠いて⑬着。あまりに見せ場のない内容に落ち込んでしまいましたが、これまでに激走してきた疲れがあったのかもしれません。じっくりと立て直した後、来年の巻き返しに期待したいと思います。次回の予想は当週金曜にニコ生にも出演が決まっている有馬記念。今回の上位陣+サトノダイヤモンドが有力になりそうですが、集大成となるような予想で締めくくれるように頑張ります!

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ