LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

りかのスーパーホースを探せ★

今年最初の◎!フェブラリーSはこの馬さん!!

年明け最初のG1レース!楽しみにしていました。私のこのコラムも今年初始動です。皆さま、よろしくお願いします。最近は、雑誌の撮影と子育ての日々です。すっかりバレンタインを忘れてしまい、世の中とリンクできていない感じがしますが、競馬はいい結果が出せるように予想頑張らないと!いいスタートが切れますように(^-^)

⑥モーニン

昨年の勝ち馬で連覇がかかります。昨年の今頃、この子の成績は6戦5勝・③着1回とノリノリ!前走の根岸Sも1番人気で挑み、レコードVと順調そのものでした。ところが、フェブラリーS勝利後から成績振るわず……。前走のチャンピオンズCは⑦着ですし、今年はあまり期待できないかなぁなんて想いがよぎりました。けれども新聞を開くと「昨年以上に強くなっている」「追い切りで自己最速」などプラスな内容を見かけて、史上2頭目のフェブラリーS連覇達成を応援したくなりました(笑)!実力は申し分ないのであとは条件が揃うだけ。1月末、左前脚にフレグモーネを発症しましたが、問題なかったのは幸いです。東京コースも4勝を挙げていますし、鞍上は世界的名手のムーア騎手!ここは踏ん張りどころです。

⑩カフジテイク

根岸Sは、メンバー中最速の上がり(34秒5)をマーク。鮮やかな差し切りが決まって、今回注目度が増しました。その前走を含め、1400m戦に出走していることが多いですが、ゴール前の勢いから距離は延びても問題ないです。実際に、2走前のチャンピオンズC(中京1800m)では④着でしたが、最後の直線で後方からぐんぐん追い込んでくる姿勢に手応えを感じましたし、次こそは前を捉えるだろうと思って拝見していました。今回かなりの強豪揃いですが、調子の良い当馬なら勝ち負けになれると思い、この印を打ちました。

⑨ベストウォーリア

前走・根岸Sで②着だったのは、3ヶ月の休み明けで58キロを背負ったため、ラストがさすがにキツそうでした。カフジテイクに負けはしましたが、③着以下はきちんと離していますし、この二頭は今回も拮抗すると見ています。昨年のフェブラリーSは④着でしたね。ゴール前は大激戦!勝ち馬のモーニンは抜けていましたが、②着を狙う上位4頭は、クビ・アタマの僅差でどの馬さんが来てもおかしくないレースでした。近4走②着で、安定感ある競馬が魅力的。今回も馬券圏内に入ると見ています。

④コパノリッキー

G1レースで大活躍しているコパノリッキーですが、東京コース&中京コースだと成績ががくんと落ちているイメージ。2走前のチャンピオンズCは⑬着。昨年のフェブラリーSも⑦着……。ただ、14,15年と当レースを連覇していますし、本領発揮できれば適性があるのは間違いなく、状態面などが気になりました。「思ったより時計が速くなり動きも軽い」とよい状態で出走できるそう。◎が史上2頭目のフェブラリーS連覇なので、初代には敬意を払わないと。注目の意味でこの印です。

⑪ノンコノユメ

16戦して掲示板に乗らなかったのは2走前のチャンピオンズC(⑥着)だけ!それもトップと0.4秒差ですから、いつも高いパフォーマンスができているとわかります。今回は体つきも良いそうで楽しみ。

押さえの△は③ゴールドドリーム。チャンピオンズCは⑫着でしたが、スタート出遅れたのに好位を取りに行き、直線伸びを欠いたので度外視します。伸び盛りの4歳馬、これからに期待です。

予想も◎も完敗でした……。

1着 ゴールドドリーム
2着 ベストウォーリア
3着 カフジテイク
馬連1470円 3連単9240円


ヒモに入れた3頭で決着しているのですが、◎モーニンが⑫着ではどうにもなりません。戦前に踏ん張りどころと書きましたが、この条件での惨敗ですから、昨年の状態になかったことは確か。応援要素も強かったので、今回の結果には反省しています。この日はゴールドドリーム、ヒヤシンスSのエピカリスとゴールドアリュール産駒の激走にビックリ!競馬あるあるですが、見事な弔い合戦でした。お父さんの名を孝行息子たちが今後も高めてくれそうです。

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ