LINEダービー

びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

りかのスーパーホースを探せ★

G1大阪杯の初代王者◎はこの馬さん!

先週はセブに行っていました。青い空、海、白い砂浜に気持ちが踊ります。久しぶりにダイビングもできて心がクリアに。まるで私欲が無くなった気分!ところが、日曜日の午後を回った辺りからソワソワ……結局wifiと携帯片手に海辺で競馬をしていました(笑)。今週はG1に昇格した大阪杯。初代王者を何とかして当てたいです(^-^)

⑭マカヒキ

京都記念は雨で稍重の馬場が合わず、直線で本来の脚が出ませんでした。それでも③着0.2秒差ですので悲観することはありません。今回、本命はキタサンブラックかマカヒキかと考えたのですが、ダービー馬ですし、個人的に思い入れのある馬さんはマカヒキかなぁと……。情です(笑)。大外枠に対して陣営は、特に気にされていないよう。鞍上はC.ルメール騎手なのでその点も心強いです。良馬場に回復ならば、日本ダービーの時のようなキレキレの末脚を繰り出して、初代王者の栄冠を手にするでしょう!

⑦サトノクラウン

前走の京都記念はトップハンデの58キロでしたが、1番人気マカヒキ(57キロ)と斤量の軽いスマートレイアーに1 1/4馬身差をつけて勝ちました。これで京都記念を連覇ですし、力を付けていると感じます。当馬の魅力は体質改善されたところにあって、今まではレースを使うと反動があったのですが、最近は成長し力を付けたので、続けてローテーションを組んでも結果が出るようになったそう。今回初めての阪神コースですが、香港も勝って勢いに乗っている今なら、十分良いパフォーマンスに繋がるでしょう。

⑫アンビシャス

昨年の覇者です。逃げるキタサンブラックを、最後にしっかり抑えて勝った姿が印象的でした。前走の中山記念では④着0.2秒差。最終コーナー手前から、終始外を回ったわりには最後まで頑張っていましたし、末脚は出走馬中最速タイの33秒8を繰り出して驚きました!今回ももちろんチャンスはあると思っていたのですが、追い切りがあんまりだという情報を目にしてしまいました。雰囲気が昨年ほど覇気を感じられないし、格下相手に何馬身も差を付けられたと。あくまで調教なので印は付けますが、当日の気配も気になります。

⑬ヤマカツエース

レース連覇となった前走の金鯱賞。一頭だけ勇ましい脚で上がって来たと思ったら、あっという間に先頭へ。②着に1 1/4差を付けました。思い返してみれば、年末の有馬記念も④着0.3秒差でしたし、今回も力上位だなぁと感じます。気になる点は舞台が阪神だという事。中京や中山コースは先ほど申した通り好走歴がありますが、阪神は3戦して一度も掲示板に載れていません。ただ、2000m戦は4勝を挙げている距離。甲乙つけがたいですが、当レースを「ずっと目標にしてきた」とトレーナーが仰っていますし、初G1勝利となってもおかしくない一頭ではあります。

⑤キタサンブラック

堅実な結果を残し続ける馬さんですが、出走歴のあるコースの中で、唯一阪神のときは2戦して②③着と破れています。今回も人気しますけど、買わない訳にはいかないので弱めの印(笑)。

押さえの△は④ステファノス。金鯱賞でのレースは、休み明けで脚を余してしまい残念。度外視できる内容だったと思います。

キタサンBの恐れ入る圧勝……。

1着 キタサンブラック
2着 ステファノス
3着 マカヒキ
馬連2320円 3連単23910円


△にしたキタサンブラックにあの競馬をされたら謝るしかありません…。スタートしてからゴールまで全て主役といった印象で、この馬さんの強さばかりが目立ちました。◎マカヒキが④着で、○サトノクラウンは⑥着という厳しい結果。それぞれ長かったり、短かったりと直接的な敗因は距離なのかなと思ったりしました。次週は当コラム、ニコ生でも予想を披露する桜花賞。絶対的女王がいますが、何としても当てたい一戦です!

バックナンバーbucknumber

一覧へ