びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

【金鯱賞】好位差しに傾くか

水上学の血統トレジャーハンティング

土曜中京11R 金鯱賞(G2)(芝2000m)

◎本命馬
⑩サトノノブレス
牡7、栗東・池江厩舎、秋山騎手

年末に施行されていた金鯱賞が、大阪杯のステップレースとしてここに移行してきた。意外と有馬記念の穴馬探しのツボだったレースなので、この措置は残念だが、果たして大阪杯とのリンクは今後どうなっていくだろうか。
さて前哨戦とあれば、当然各陣営の胸先を読む必要もある。まずキャロットの2頭。毎日王冠ではルージュバックが勝ち、鉄砲動かないステファノスは離された5着。本番はステファノス重視モードだったのだろう、型どおり逆転して小差の3着に差し込み、ルージュは伸びあぐねた。
ならば今回も前哨戦のここは牝馬のルージュ…となるのかもしれないが、この枠順は最悪だろう。55キロも少し気になり、本命は打ちづらい。

コース巧者が幅を利かせる中京、しかも後方一気が決まりづらく、4角ではある程度の位置にいて、そこから切れて勝つというパターンの多い中距離戦。ヤマカツエースかサトノノブレスかとなるが、ここは休み明け、それも3ヶ月ぶりで過去5戦オール連対の⑩サトノノブレスを軸とする。サトノ陣営は本番にサトノクラウンが控えていて、金鯱賞はノブレスで勝ちに来ているとみた。加齢はいささか気になるが、トニービン持ちの馬が適性を示すレースでもある。ベガ一族の良血、過去3度馬券になった金鯱賞で4度目の圏内を期待する。

$お宝馬
⑧スズカデヴィアス

地元中京での大事な一戦となる。年末のこのレースでは大出遅れから鞍上が何もしなかったが、それでも直線だけは脚を使わせて上がり最速。まともなスタートを切れば、手の合う鞍上で勝ち負けを望んでもいいだろう。前走負かしたサクラアンプルールは、この後中山記念で2着となった馬。中京2000m巧者のキングカメハメハ産駒、好位差しも板についてきたところだ。

相手上位は②プロディガルサン⑫パドルウィール⑥ヤマカツエース。押さえで⑨ステファノス①ルージュバック⑮ロードヴァンドール

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ