びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録
競馬ラボ公式ツイッター

コースデータ

中山競馬場 芝1800m
中山競馬場

コース攻略検証・見解

直線のスタンド前からスタートし、すぐに急坂を上ってコースを1周する。最初のコーナーまでおよそ200mと短いため、極端に速いペースにはなりにくい。そうなれば前に行った馬が当然有利で、4コーナーを先頭で回った馬の成績がいい。馬場が荒れるとその傾向が更に強くなる。

コーナーを4つ回るため、スムーズに前へ取り付けないと、ロスが生じる外枠は厳しくなってしまう。流れが緩くなることも多く、外から無理に脚を使うと甘くなる。

種牡馬ではディープインパクト産駒の成績がいいのだが、回収率は低め。人気になった産駒がキッチリと勝鞍を挙げている舞台だ。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス レース数 1着タイム 前3F 後3F 前4F 後4F R3F差 1上り 1-3着逃 先行 差し 追込
2歳 新馬 19 1.53.4 39.0 35.4 52.5 48.2 -3.6 35.1 8 28 15 6
未勝利 25 1.50.2 36.8 35.8 49.6 48.2 -1.1 35.3 9 36 26 4
500万 2 1.49.0 36.6 34.9 49.3 47.3 -1.7 34.2 3 3 0 0
3歳 新馬 2 1.54.5 38.8 35.6 52.4 48.7 -3.2 35.6 1 5 0 0
未勝利 24 1.50.7 37.1 36.0 49.8 48.5 -1.1 35.5 8 31 28 5
500万 22 1.50.1 36.9 35.8 49.5 48.2 -1.1 35.3 8 34 19 5
OPEN 11 1.49.5 36.6 35.9 49.2 48.1 -0.7 35.4 3 12 15 3
古馬 500万 17 1.48.4 36.4 35.6 48.7 47.8 -0.7 34.9 6 18 20 7
1000万 35 1.48.7 36.9 35.4 49.2 47.5 -1.5 34.9 12 42 41 10
1600万 17 1.48.2 36.7 35.8 48.8 47.6 -1.0 35.0 8 25 8 10
OPEN 16 1.48.1 36.5 35.8 48.6 47.7 -0.7 34.9 6 16 18 8

集計は2011年~2016年3回中山 「上り」は、勝ち馬の平均上がり3F 右の表は勝ち馬の脚質シェア

~POINT~
・人気薄の逃げが高配当のカギ
・戸崎が勝率20%超え。西の福永、M.デムーロ、C.ルメールもハイアベレージ
・ディープインパクト産駒の強さが光るも回収率は低め

~特注種牡馬~

勝利数トップ=ディープインパクト(26-19-11-114/170)
勝率15.3%、連対率26.5%、複勝率32.9%、単回値56、複回値61

高連対率=ローエングリン(3-2-3-11/19)
勝率15.8%、連対率26.3%、複勝率42.1%、単回値76、複回値139

高単勝回収値=チチカステナンゴ(5-2-3-27/35)
勝率14.3%、連対率14.3%、複勝率22.9%、単回値177、複回値164

コースデータ

▲2016年の中山記念は2冠馬・ドゥラメンテが貫禄勝ち

中山競馬場

中山競馬場
芝コース
ダートコース