【日本ダービー】7015頭の頂点へ-。競馬の祭典の見どころはココ!

アルアイン

皐月賞に続く2冠に挑むアルアイン


5月28日(日)、東京競馬場で行われる第84回日本ダービー(G1)(3歳牡牝 国際 指定 定量 芝2400m)の特別登録馬19頭が発表された。

今年の牡馬クラシック戦線は大混戦。牝馬のファンディーナが1番人気に推された皐月賞を制したのは、9番人気のアルアインだった。道中は好位につけ、直線の叩き合いを制した。道悪のシンザン記念こそ6着に敗れたが毎日杯(G3)からの連勝。サンデーレーシングで総額1億円で募集されたディープインパクト産駒の良血馬が大輪の花を咲かせた。高速馬場に対応したように、ダービーでも瞬発力勝負は望むところだ。

2着のペルシアンナイトは戸崎騎手との初コンビで大舞台に向かう。デビューから6戦連続でメンバー中2位以内の上がりをマークしており、末脚は確実。広い東京コースで雪辱を狙う。

ダンビュライトは12番人気で3着に入り、3連単106万4360円の高配当を演出した。好位から粘り込む戦法で、きさらぎ賞から重賞3戦連続3着と安定した走りを見せている。

絶対的な存在の馬がいない中、青葉賞をを快勝したアドミラブルに一気に注目が集まる。デビュー戦こそ9着に終わったが、休養を挟んだ2戦目から異次元の末脚で3連勝を飾った。2400mの距離も2度経験済みで、圧巻のパフォーマンスから1番人気に押される可能性も十分。「青葉賞馬はダービーを勝てない」というジンクスを破るか。

皐月賞敗戦組の逆襲にも注意が必要だ。5着のレイデオロは年明け初戦ながら力のあるところを見せた。何より2週連続でG1を制している鞍上の勢いが不気味。6着のスワーヴリチャードは共同通信杯を快勝した東京向き。別路線組ではプリンシパルSを制したダイワキャグニー、毎日杯でアルアインの2着に入ったサトノアーサーも頂点を狙う。登録馬は以下の通り。

  • 【優先出走馬】
  • アルアイン 57 松山
  • ペルシアンナイト 57 戸崎
  • ダンビュライト 57 武豊
  • クリンチャー 57 藤岡佑
  • アドミラブル 57 M.デムーロ

  • ベストアプローチ 57 岩田
  • ダイワキャグニー 57 北村宏

  • 【収得賞金順】
  • カデナ 57 福永
  • レイデオロ 57 C.ルメール
  • ウインブライト 57 松岡
  • ジョーストリクトリ 57 内田博
  • アメリカズカップ 57 松若

  • スワーヴリチャード 57 四位
  • サトノアーサー 57 川田
  • キョウヘイ 57 高倉
  • トラスト 57 丹内
  • マイスタイル 57 横山典

  • マイネルスフェーン 57 柴田大

  • 【以下、除外対象馬】
  • サトノクロニクル 57 田辺

  • ※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。